地方競馬コラム

盛岡競馬に所属する馬から薬物反応。今年で4頭目となりしばらく中止

薬物 馬

9月22日の記事ですが再掲と追記。

盛岡競馬に所属する競走馬から禁止された薬物が検出された。

禁止薬物

上記に当たるのが獣医師会から出ている禁止薬物の一覧です。

岩手県競馬組合の競走馬2頭から禁止薬物が相次いで検出されたため、競馬組合は所属するすべての競走馬の薬物検査を行うことを決め、22日、盛岡競馬場で予定されていたすべてのレースを中止することを明らかにしました。

岩手県競馬組合ではことし7月、盛岡競馬場のレースで、2着に入った馬から使用が禁止されている「ボルデノン」という筋肉増強剤が検出され、今月10日の水沢競馬場のレースでも、2着に入った馬から同じ薬物が検出されました。

これを受けて岩手県競馬組合は20日、盛岡市で会見を開き、内宮明俊副管理者が「日本の競馬全体の信用失墜につながりかねない、極めて重大な事案だと認識しています。心より深くおわび申し上げます」と陳謝する事態に。

そのうえで、レースの公正を確保するために専門の研究機関に依頼して、競馬組合に所属するすべての競走馬、合わせて733頭の薬物検査を行うことを明らかにしました。

また、検査が間に合わないことから22日、盛岡競馬場で予定されていた11レース、すべての中止を決めました。
禁止薬物が関係してのレースの中止は、昭和39年に岩手競馬が始まって以来初めてです。

競馬組合によりますと、2頭の競走馬から禁止薬物が検出された原因はわかっていないということで、警察では競馬法違反の疑いで、関係者の聞き取りなどの捜査を進めています。

 

7月に1回、9月に1回、10月に1回と計3回!

9月にあった禁止薬物ですが、その前は7月にあり、今回で三回目。
10月28日5Rの一着馬ヒナクイックワンから薬物反応が出ました。
前回と同様、ボルデノン(筋肉増強剤)が検出されたことが11月3日に判明した。

別の検体についても追加検査を依頼し、5日に陽性と検査結果が出たため、盛岡東警察署へ連絡。

今後の対応については、当該馬への失格等の処分、当該馬の管理厩舎(高橋純厩舎)在厩馬全頭の禁止薬物検査、競走除外等の手続きを進めるとのことです。

 

これまでに3回薬物反応が出たこともあり、再発防止対策も行っています。

全厩舎の緊急立入検査

8月9日に全厩舎の緊急立ち入り検査をに行い、厩舎内の薬品等の管理状況や飲食、喫煙等の処置状況について検査。

陽性馬発生厩舎及び全厩舎関係者からの事情聴取等

8月9日から10月26日までの間当該厩舎の調教し、厩務員、担当獣医師からの事情聴取。
また、9月 20 日から 10 月 13 日までの間に、全ての厩舎関係者(調教師、騎手及び厩務員)を対象に、地方競馬全国協会及び全国公営競馬主催者協議会の職員の協力を得て、事情聴取を実施。

全頭を対象とした事前検査

9月18日の時点で在厩馬全頭(717頭)の検査を実施。全頭陰性。
10月13日以降のレースについて、転入馬、新馬等に関しては同様の事前検査を実施しており、全頭が陰性。

厩舎監視体制の強化

水沢競馬場及び盛岡競馬場の警備員詰所の警備員を増員し巡回回数も増やすことで、監視体
制を強化。
また、警備員による巡回に加え、競馬組合職員及び調教師も、厩舎地区の見廻りを実施。

全厩舎への監視カメラの設置

現在、水沢競馬場に8台(交流厩舎、警備員詰所等)、盛岡競馬場に 16 台(交流厩舎等)設置しているが、今回の事案発生を受け、全厩舎に監視カメラ(約 150 台)を設置し、一元的に24 時間監視可能な体制を構築。
なお、陽性馬が発生した水沢競馬場については 10 月 31 日(水)までに一部設置が完了し既に稼働しており、盛岡競馬場は 11 月中旬までに設置完了予定。

業務・厩舎地区への入場規制等

調教師等の厩舎関係者の厩舎・業務エリアへの入場について、通行許可証で確認。
関係者駐車証について、現在の駐車証を更新(黄色から水色に変更)。
宅配業者等の厩舎地区への入場を全日禁止。

原因究明・再発防止等対策チームの設置

原因究明及び再発防止対策を講じるため、競馬事業に精通した第三者及び岩手競馬関係者等による「岩手競馬禁止薬物陽性馬再発防止対策チーム」を平成 30 年9月 28 日(金)に設置し様々な観点から検討。

構成員
岩手県農林水産部競馬改革推進室 室長 千葉 義郎
地方競馬全国協会 公正部長 坂東 義和
日本中央競馬会 馬事部部長補佐 松田 芳和
競馬保安協会調査統括部地方調査室 調査専門職 木下 稔
岩手県調騎会 会長 瀬戸 幸一
岩手県競馬組合 業務部長 深澤 正光

主な検討項目等として
薬品・飼料、競馬場・厩舎の管理警備体制等

岩手競馬における今後の対応

これまで、様々な再発防止対策を講じてきたにも関わらず、3頭目の禁止薬物陽性馬が発生
したことを受け、11 月 10 日(土)からの競馬の開催は行わないこととした。
競馬組合としては、一日でも早く再開できるよう、早急に再発防止対策の更なる強化を図
り、公正な競馬を実施できる体制の再構築に向け、全力で取り組んでいく。
再発防止対策:監視カメラの増設、警備員の 24 時間配置、自厩舎の管理体制の強化等するとのこと。

 

結果的には、レース中止となった間にもう1頭薬物の陽性反応が出て、計4頭が検査に引っかかってしまった。

そもそも、競馬界における薬物問題はなぜ起きる?

まずはじめに競馬界において、薬物陽性の大半の割合が
「事故的なもの」
である事を知って頂きたい。

競走馬=オリンピック出場アスリート、とお考え頂くとわかりやすいかもしれません。

……………
例その1)2014年中央競馬
ピンクブーケ号が新馬戦勝利後、薬物反応(カフェイン)が出て失格処分に。
カフェインを馬が摂取すると、興奮作用があるとのこと。
(人間のアスリートは、カフェインは禁止薬物ではありません)

→実は、JRAが認定した飼葉(エサ)に含まれていたことが判明。これは防ぎようがありません。

実は、遥か昔、コーヒーを飲みながら馬房清掃をしていた(思わず?が浮かびましたが)厩務員が、あろう事かコーヒーをこぼし…後はご想像の通りです。
そんな事例もあったようです。

例その2) ご存知ディープインパクトのおはなし
日本では認められていないイプラトロピウム。
フランスでは「治療目的」では使用が認められているが、

「レース前に、成分が体内から完全に抜けていること」

が条件なのである。
同馬はレース後の検査で、成分が体内に残留していたために失格処分となった。

→日本国内で普段使用しない治療薬に関しての、陣営の初歩的な確認ミスではあるが、治療目的が故に悪意はないと思われる。
同様のケースは実は結構あり、薬物の体内輩出(尿や便)がうまく出ずに、疾病の理由で出走取消をする馬もいたりする。

……………………
ここまでザッと過去の凡例を挙げてみましたが、さて今回はと言うと

「偶発的に混入したとは言い難い」

すなわち、事件ですね。。。
ニュースを読んでみると、7月にも同様の出来事が発生していたとか。

検出されたのは「ボルデノン」←ステロイドの一種
言わずとしれた筋肉増強剤です。
あまり疑いたくはないですが、馬を勝たせる為にやったのであれば言語道断。

その背景には、地方競馬を取り巻く経済状況が起因しているのではないかと、筆者は感じます。

馬券のネット購入が普及し、ここ数年の地方競馬の売上は徐々に回復はしているものの、まだまだ厳しい状態。
競馬場の赤字が膨らみ、賃金(賞金)が減り、北関東や福山などは廃止に追い込まれました。

上記の盛岡競馬のレースは、1着賞金が20万。
そのうち厩舎としての取り分は15%。
という事は…2万5千円。

厳しいのは解りますよね。
解ってても手を出してしまったのであれば、それは禁断の果実。
生活苦に困って万引きした人と一緒です。

本件は警察が捜査に乗り出す様なので、続報を待ちたい所ですが、競馬人気が再燃しつつある中で、こういった水を差すニュースは残念でなりません。

こういった「事件」が再発しない事を祈って、今週末の競馬を楽しみたいと思います。

 

禁止薬物での中止は異例

地方競馬では平成16年、東京の大井競馬で、禁止薬物を含む餌を食べた可能性のある馬が60頭余りいたことがわかり、検査が間に合わないとして、1日の11レースすべてが中止されたことがあります。

岩手競馬などの地方競馬を統括している「地方競馬全国協会」によりますと、禁止薬物が関係してのレースの中止は、極めて異例だということです。

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ