地方競馬予想

浦和記念予想2019 1番人気は過去10年で2勝、橋の攻略が全てか

浦和記念

今週の南関重賞は浦和記念!

1980年から「浦和ダート2000m」の条件が変わらない、歴史あるレースとして知られています。

1番人気がこの10年で2勝と不振で、あのスマートファルコンも一度は大敗を喫しました。
毎度おなじみの浦和の「橋」の攻略がいかに重要か、わかって頂けると思います。

3年前の勝ち馬ケイティブレイブは、ドバイ遠征時に生死をさまよう重症を負ったものの、驚異の回復力でここまで戻ってきました。
昨年勝ち馬オールブラッシュも古豪健在です。

地元勢では、小久保厩舎への転入初戦で一昨年勝ち馬マイネルバサラや、地元開催のJBCでの好走が光ったセンチュリオン。

名物重賞に相応しい、味のあるメンバーが揃いました。
注目の予想はコチラから!

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←


浦和記念 過去10年のデータ

過去10年の配当

単勝馬連馬単3連複3連単
181,640円850円4,280円1,610円20,890円
17830円1,410円3,650円1,420円11,960円
16130円330円490円1,220円2,930円
15280円2,070円2,970円3,050円15,240円
14470円1,480円2,550円6,000円25,610円
13720円530円1,410円130円1,960円
12690円1,560円3,720円960円8,980円
111,110円400円1,840円500円5,880円
10110円410円470円1,800円3,340円
093,120円10,190円25,430円17,430円193,360円

性別・所属のデータ

齢,性,属1着2着3着
3歳222
4歳200
5歳112
6歳242
7歳312
8歳022
牡セ101010
000
JRA657
地方453

枠順のデータ

枠番1着2着3着
1枠000
2枠100
3枠110
4枠012
5枠121
6枠422
7枠221
8枠124

兵庫ジュニアグランプリ 出馬表と印

枠番馬番馬名性齢斤量騎手SM
11ケイティブレイブ牡658スミヨン
22センチュリオン牡756森泰斗
33アイフォーイチオー牡556丸山元気
44キングニミッツ牡656西村栄喜
55ロードゴラッソ牡456デムーロ
6バイタルフォースセ756佐藤友則
67アナザートゥルースセ556大野拓弥
8ナラ牝352松本剛志
79オールブラッシュ牡758吉原寛人
10ヤマノファイト牡456赤岡修次
811デルマルーヴル牡354マーフィー
12マイネルバサラ牡657五十嵐冬樹

浦和記念 予想家の見解

浦和記念予想 血統予想Sのコメント

◎アナザートゥルース

△センチュリオン
△オールブラッシュ
△デルマルーヴル

キーワードは
→480kgの壁
→チャンピオンズカップに向かわなかった理由
→前走の格と伸びしろ
→ベテランを侮るなかれ

アナザートゥルースは、チャンピオンズカップ除外対象1番手。
何かが回避すれば出走が叶った訳で、このレースと両睨みでの調整を続けてきた。

春は名古屋大賞典から、叩き2走目のアンタレスステークスで変わり身を見せており、今回もみやこステークスからの一叩き。

浦和コース初経験という所に不安はなくもないが、今年の出走メンバー全てに不安がある以上、安定感という意味で本命にした。

兄サウンドトゥルーとの比較は少し可哀想な所もあるが、偉大なる兄に一歩でも近付ける様な好走を期待したい所である。

前述、やや不安のあるメンバー構成のため、相手はいつもより多め。

実績馬センチュリオンとオールブラッシュは、過去にデータのない7歳の壁が待ち受けている。

センチュリオンに関しては、前走の地元開催JBCが間違いなく渾身のデキ。
お釣りが残っているかは、当日の馬体重なりパドックの気配なりで確認して頂いた方がいい。

3歳馬デルマルーヴルも、同様に浦和未経験。

今1番ホットなマーフィー騎手は、イギリスはもちろん、世界の幾多の競馬場を経験しているであろうが、ここまでコーナーのキツい競馬場は、世界中見渡しても、ないに等しいのではないか。

仕掛けのタイミングが一歩遅れる様だと、脚を余す可能性だって秘めており、前走で同馬に跨った吉原騎手が他馬に騎乗している点も、何やら怪しい雰囲気を感じさせる。

自信度
回収見込

 

浦和記念予想 ジョッキー予想Mのコメント

◎デルマルーヴル
○センチュリオン
▲ケイティブレイブ

大井、新潟、金沢とここまで3戦、1,800〜2,100mの距離で馬場を変えても3着以内、という安定感の面で、デルマルーヴルは本命軸としたい。

しかも鞍上は先日のジャパンカップでスワーヴリチャードを勝利に導いたマーフィー氏である。

ここまで2着に泣いてきたデルマルーヴルも勝利に導けるか?ぜひチェックしたいところです。

対抗は南関地元勢からセンチュリオンに。

今年の初夏に南関に来てから、2,000m以上のコースでは馬券圏内を外していないというセンチュリオン。

埼玉新聞栄冠賞、JBCクラシックとタッグを組んできた森泰斗騎手が引き続き鞍上に、ということで、ここでも好走に期待したいところです。

そして、単穴にはケイティブレイブ。

今年の3月のドバイは出走取り消しとなっており、レース出走は1月の川崎記念以来となりますが、ここは鞍上スミヨン騎手である。

どんな化学反応が起きるか見逃せない復帰戦となりそうです。

その他、気になる馬を交えつつ、最終的な買い目は以下の通りとしたいと思います。

自信度
回収見込


 

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ