地方競馬予想

埼玉新聞栄冠賞予想2021 今年から距離延長、本番に直結!?

埼玉新聞栄冠賞

水曜日は南関重賞!

今週は浦和で行われる埼玉新聞栄冠賞の予想です。

南関での豪華メンツ勢揃いで予想は難しそう。毎週重賞を予想しているからこそ、的中に近づける予想を出せればと思います。

優勝馬には浦和記念の優先出走権が与えられるので、本番レースの予行としても要チェックです。

それでは3名の予想です。

埼玉新聞栄冠賞 予想家の見解

血統予想Sのコメント

◎トランセンデンス

△タービランス
△フィアットルクス

×マンガン
×ハイランドピーク
×リッカルド

キーワードは
→サンデー不振が気掛かり
→船橋vsオブライエン軍団
→誰も逃げないからこその

印はご覧の通りです。

前日オッズのフィアットルクスの売れ方には疑問を感じますが…

魔境の番人、小久保オブライエン先生の3頭出しの中で
明らかにここを狙いに来てるのが、トランセンデンス。

戦績が示す通り、暑い時期がやはり苦手だった様で。
思い返されるのは、ニューイヤーカップの快勝劇と昨秋の門別2歳優駿での渋太い末脚。

今年の3歳南関東ダート路線は、JDDの「モヤモヤする」結果から、レベルとしてどーなん?

と思われがちですが、羽田盃だけは話は別。

ランリョウオー(骨折リタイア)とアランバローズ(前走JRA交流3着)相手に、堂々の差し切り勝ち。

前述JDD未出走で一夏を越して、前走は+11kgと成長の証を見せてくれました。

叩いた今回は、スイッチも入ってピリッとした一面が見られると思います。

(おまけ)
このレースの3歳馬の好走例は、そこまで多くないですが
→羽田盃好走
→同年重賞勝ち有り
→戸塚記念好走

のいずれかがありました。
トランセンデンスは「全て」に対応しています。

磐石なデータになるのか、「欲張りすぎてダメだった」のかは、結果を見てからになりますが、それはそれで楽しみの1つにしておきます。

後の相手はご覧の通り。

昨年勝ち馬タービランスは、「伸びしろ」はないものの、さすがベテランの安定感。

大井記念を叩いて、今年も道悪濃厚の同レースへ。
そして浦和記念でリベンジ、という運びでしょう。

この馬を物差しにすると、昨年この馬に先着出来なかった馬の逆転は、余程の事がない限り考えにくい…。

この馬も、門別育ちからのニューイヤーカップ好走
そして、森泰斗騎手で羽田盃を勝った馬ですね。

トランセンデンスの大先輩にあたります(?)

前日前売り1番人気のフィアットルクスは、何より初の浦和コースがカギ。

「お決まり」の「浦和の橋」(細かくはネットに色々載ってます)

直線の長い大井の、尚且つ1600〜1800mを主戦場としていた馬ですから
小回りで砂も深い(と言われている)浦和の、守備範囲外とも思われる2000mで、いつもとは求められる要素が変わってきます。

しっかり道中で息を入れられるか、勝負所ですぐに反応出来るかがポイントになりそうです。

地力の高さは戦績が示す通りですから、そんなに大きく評価を落とすべきではないとは思いますが、全幅の信頼を…というレベルまでにはいかないでしょうね。

後の×は紛れた時の相手候補。

マンガンは浦和っぽくない脚質で、尚且つ新コンビの御神本騎手へスイッチ。

脚の使い方が難しい馬で、ハマる(アルカリ電池直列繋ぎモード)だと、とんでもない爆発が起きるが…

どうも浦和の向正面から仕掛けていっても、最後に脚が上がりそうで、逆に仕掛け遅れると、脚を余してゴールインというジレンマが脳裏をよぎります。

リッカルドに関しては、タービランスの項で書いたので割愛。
前者8歳、後者10歳。
昨年先着を許しているだけに、この年での逆転要素が見当たりません。

この馬の強みは、良馬場パサパサをゴリゴリのパワーで粘り込む形なので、昨晩の雨は大きく評価を下げざるを得ないでしょう。。。

最後にオブライエンの「隠せてない隠し玉」ハイランドピーク。
JRA重賞勝ち馬で、能力の高さは誰もが知っていると思います。

転入3戦は全て1400mへ。
これは浦和コースでのダッシュ力(好位に取り付く力)を得る為のもので、距離を伸ばした今回が勝負所。

中央時代からそうだった様に、道悪は得意中の得意
(父トーセンブライト(ブライアンズタイム)の血の力でしょうね。

寒い時期、風の強い日に見せる精神面の高さは、恐らく今も変わらないと思います。

一変があるなら、ここでしょうね。

長くなりましたが、トランセンデンスのオッズ次第で、馬券の買い方は変わってくると思います。

直前ぶっ込みで1番人気にならない事を祈りながら…

 

自信度
回収見込

 

データ予想Tのコメント

◎エメリミット
○タービランス
▲フィアットルクス
△ストライクイーグル
△リッカルド
△トランセンデンス

浦和だけに高配当狙いをしたいが過去のデータを見てもほぼ本命馬券。小久保厩舎が気になる馬たちだ。だからこそ、期待されているマンガンを切る!

本命は東京記念2着のエメリミット。近3戦連対しており、この距離も問題ない。船橋で左回りも経験しており、ここは有力候補。

対抗はタービランス。去年の勝ち馬。去年より100メートル伸びているが基本的なコースは変わらない。浦和も経験しており期待できる一頭。

単穴はフィアットルクス。東京記念3着で置いていかれた面は否めないが、力を活かせれば。前目で戦える点浦和ではメリットだが、大井以外走っていないという点はコケる可能性もあるとして評価。

ヒモ狙いのストライクイーグルは右回りよりも左回りが好成績。浦和コースという大井や船橋とは違ったコースゆえに狙ってみたい1頭。リッカルドは年齢面は不安だがヒモ候補。トランセンデンスは戸塚記念2着の実力を買いたい。というよりも小久保厩舎で狙いたい馬がこの馬だけだった。

6頭まで絞ったが当日のパドック次第、出来を見て絞っていきたい。

現時点ではエメリミットとタービランス、エメリミットとフィアットルクスの2頭軸マルチで1万以内に予算を抑えて、当たればトリガミ以上を狙いたい。

自信度
回収見込

ジョッキー予想Mのコメント

◎フィアットルクス
○タービランス
▲エメリミット

近3走の重賞戦において馬券に絡んでいるフィアットルクスを本命としたいと思います。

対抗は大井記念競走3着のタービランス。単穴は東京記念競走2着のエメリミットに。

その他気になる馬を交えた最終的な買い目は以下の通り。

直前オッズではかなり人気が割れているので、配当的な旨味に期待したい。

自信度
回収見込

 

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ