地方競馬予想

北海道スプリントカップ予想2020 過去4年1番人気が1着!

北海道スプリントカップ

北海道スプリントカップ予想。

過去4年1番人気が1着となっており、過去10年を見ても、馬券対象になっているため素直に狙ってみるのが良さそう。

去年は1番人気が1着を取っているのに、3連単は12万馬券と高配当。例年、3連単が5000円以下なので、大荒れは想定せずしっかり狙うのが確実か。

それでは3名の予想をみてみましょう。

\月額900円で競馬新聞いらず!/

日本初!自分好みに馬柱がカスタマイズできる!【Deep】

北海道スプリントカップ 出馬表と印

枠番馬番馬名性齢斤量騎手STM
11オールドベイリーセ656松井伸也
22ジョウラン牡456服部茂史
3ニットウスバル牡856五十嵐冬樹
34ショーム牡556横山武史
5ハヤブサマカオー牡556阪野学
46ソルサリエンテ牡656宮崎光行
7ノボバカラ牡858桑村真明
58キタアルプス牡656井上俊彦
9マテラスカイ牡657武豊
610ガンジー牡956岩橋勇二
11フジノパンサー牡756石川倭
712スズカコーズライン牡656酒井学
13メイショウアイアン牡1056落合玄太
814スティンライクビーセ856阿部龍
15ツルマルパラダイス牡556加藤誓二
地方競馬のレジまぐ

北海道スプリントカップ 予想家の見解

血統予想Sのコメント

◎ノボバカラ

△ショーム
△マテラスカイ
△ソルサリエンテ
△メイショウアイアン

キーワードは
→500kgの壁
→斤量減に飛びつくな
→前走の着順をチェック
→純粋なかけっこ
→下手な実績はいらない

サウジアラビア帰りのマテラスカイ。
意欲の(怒りの?)(怒ってないかw)の連闘ノボバカラの、森厩舎2頭が人気の中心(に、なりそう)

そこに、スズカコーズラインとショームが入っての中央勢。

砂厚12cmの門別は直線の長さも大箱級で、地力のない馬にとっては「あと100m」がとても長い。

そのサウジアラビアで残100mで止まったマテラスカイは、京都や中京での快速ぶりは、前述砂の厚さによるもの。

小回り園田の敗戦は別としても、やはり大井でも最後に止まるのは、何かしら関係がありそう。

さきたま杯で、ノブワイルドのハイラップの恩恵を受けたのは、同厩舎のブルドッグボスだった様に、マテラスカイの超絶スーパーハイラップの漁夫の利を得るのも、これまた同厩舎の馬だった、という結論は容易に想像できる。

森厩舎の連闘はなかなか実践例がないが、すわなち勝負になる、と見越しての事。

ノボトゥルー、ノボジャックで交流重賞どさ回りをしていたあの頃が懐かしく、久方ぶりに、森厩舎「らしい」番組表の熟知にワクワクしている。

もちろん、当日馬体重の大幅減などがあれば、評価を下げざるを得ないが、当面のところ、ノボバカラから入ってみたい。

このレースはリピーター適性が非常に高く、古豪スノードラゴンやミリオンディスクが何度も馬券に絡んだのを見る限り、レースに求められる質は、何年経っても変わらない。

過去に「0・1・1・0」の実績があるノボバカラも、年は重ねど、それに伴い経験値は十分。
北から南へ、東から西へ、様々な競馬場へ遠征している点からも、精神の「図太さ」は折り紙つき。

このレースの後は夏休み、と師が語る様に、このレースに向けての態勢は万全。
後はマテラスカイを捕まえられるか、その一点集中。

あとの相手はご覧の通り。

マテラスカイが引っ張るペースになれば、1200mがギリギリではなく、1400mに対応出来るスタミナ、底力が必要になり、7F巧者のショームはもちろん相手候補。

2走続けての上がり35秒台の末脚は驚異そのもので、前がかりなレースになれば、親譲りの「決め打ちDNA」を持つ横山武史騎手がぶっ飛んでくる可能性も。。。

穴っぽい所ではソルサリエンテ。
前述ショームと同馬主。
「敢えて」ぶつけてきたのであれば、何か訳がありそう。

当地での圧倒的な戦績を引っ提げて、初のグレード挑戦。
相手なりに走る馬であり、この馬も末脚に武器がある。

最後に、昨年に波乱の片棒を担いだメイショウアイアンと、アッサリ逃げ切る可能性も勿論あるマテラスカイまで。

 

自信度
回収見込

 

データ予想Tのコメント

◎ノボバカラ
〇スズカコーズライン
▲マテラスカイ

軸はノボバカラで狙いたい。ヒモ荒れ注意だが堅そうなレース。

あまり手を広げず狙えるラインで確実に取りに行きたい。

自信度
回収見込

ジョッキー予想Mのコメント

◎ソルサリエンテ
○フジノパンサー

地方交流重賞戦となれば、やはり中央馬がその実力を……と言いたいところなのですが、

乗り替わり2戦目、遠征帰り、重賞戦未経験……

どうも今回はやや雲行きが怪しい気がしている。

というわけで、今回は地の利がある地元組から候補を選ぶことにしました。

中でも上記2頭は近走で他の馬に勝っていたり、互いに勝ったり負けたりと実力が拮抗しているので、好走に期待できそうだ。

圧倒的な人気は得られないかもしれないが、であるからこそ、配当旨味に期待したいところ。

馬券は中央馬も忘れずに、ワイド・馬複・3連複で行きたいと思います。

自信度
回収見込

 

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ