地方競馬予想

ハイセイコー記念予想2019 来年のクラシックを占う貴重な一戦!

ハイセイコー記念

水曜日は南関重賞!

というわけで、今週はハイセイコー記念。

翌年のクラシックにつながる可能性の高い、重要なレースです。

元のレース名は星雲賞。
1972年にはハイセイコーがレコード勝ちし、そこから50年弱がたった今も、そのレコードタイムは破られず。

ハイセイコー死去翌年の2001年に、レース名が変更され、現在に至っております。

翌年春への主役候補に名乗りを挙げるのは一体どの馬か!?

予想はコチラから!

公式サイトで登録!

ハイセイコー記念 出馬表と印

枠番馬番馬名性齢斤量騎手SM
11ゴールドビルダー牡255森泰斗
2コガラスマル牡255町田直希
23ピアノマン牡255今野忠成
4マルモリラッキー牡255坂井英光
35チョウライリン牡255的場文男
6ブリッグオドーン牡255御神本訓史
47ティーズプライム牡255早田功駿
8デスティネ牡255赤岡修次
59ユウユウグリュック牝254秋元耕成
10プリマガリーナ牝254矢野貴之
611ファンシーアップ牡255吉原寛人
12ストーミーデイ牡255笹川翼
713マンガン牡255山崎誠士
14フォルワールド牡255楢崎功祐
815プレストルーチェ牡255張田昂
16モンゲートラオ牡255藤本現暉

ハイセイコー記念 予想家の見解

ハイセイコー記念 血統予想Sのコメント

◎ファンシーアップ

△ブリッグオドーン
△プリマガリーナ

キーワードは
→500kgの壁
→前走の着順でバッサリ
→忍び寄る社台の影
→ナスルーラの血が騒ぐ

ファンシーアップの母はリヴァリーガーデン。

昨年の平和賞でも確か評価していたな…と思い出す。
その兄はハルディネロ。
4着に敗退してしまったものの、やはりポンポンと重賞に子を送り出す、この母親の能力継承の力は頭が下がる。

少し辿ると真冬の長丁場戦の金盃を勝利したジャルディーノもおり、まさしく社台グループの大井ブランド。

今年も例によって、荒山厩舎から新たな主役登場の気配が漂う。

このレースの最大の特徴は
「前走の人気×着順」の反映度が凄く高い事で、重賞の大敗組と自己条件の快勝組なら、後者が好走してしまう確率が高い、という点である。

ブリッグオドーンは本来は◎になる予定だったが
○○○○の為(オフレコ)、ひと叩きできずにぶっつけ。
能力上位は確かだが、今回は過信禁物。

それならトライアルの勝ち方が良かったストーミーデイと、デビューからの勝ちっぷりに大物感を感じる、プリマガリーナまで。

プリマガリーナは牝馬ながらここへの挑戦となるが、母はプリマビスティー。
大晦日のTCKお馴染みの2歳牝馬女王戦を制した、あの馬である。
母娘揃って大晦日ジャックの為には、こごでは無様な競馬はできない。

ストーミーデイは加点要素がソコソコあったのだが、厩舎が厩舎だけに、今回は泣く泣く無印。
これで快走を見せられても悔いはない。

 

自信度
回収見込

 

ハイセイコー記念 ジョッキー予想Mのコメント

◎ブリッグオドーン
○マンガン
▲チョウライリン

御神本騎手にかけるか、平和賞2着にかけるか迷ったあげく、上記の印となりました。

御神本騎手で3戦目、ともなれば大外しはしないだろうという目算であります。

単穴は大井の帝王擁するチョウライリン。

ここに関してはピンかパーか、とも考えたりするんですが、前走平和賞3着のわりに現時点ではあまり人気していないので、

来たときの配当旨味に期待したい気持ちもある。

自信度
回収見込

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ